総合トップへ
ホーム  >  イベント情報  >  西へ東へ。藤田嗣治と国吉康雄

イベント情報

西へ東へ。藤田嗣治と国吉康雄

最終更新日[2019年1月22日]
〔開催日〕 平成31年1月8日(火)~3月24日(日)
〔開催場所〕 熊本県立美術館 本館 2階展示室 第3室
 
福武財団の所蔵する国吉康雄作品のコレクションと、県美&不知火美術館のコラボ企画です。
 

チラシ
チラシ

【期 日】 平成31年1月8日(火)~3月24日(日)
【時 間】 平日 9:30~17:15
      ※入館は、閉館の30分前まで
【場 所】 熊本県立美術館 本館 2階常設展示室 第1室
【観覧料】 一般 270円(190円)
      大学生 160円(120円)
      高校生以下 無料
      ◆別棟との共通観覧券 一般 420円(300円) 大学生 250円(190円)
      障がい者手帳をお持ちの方は無料
       ※( )内は20名以上の団体料金
【休館日】 月曜日
      ただし、月曜日が祝日の場合は開館し、翌日休館
 

国吉康雄ドキュメンタリー上映会&講演会(入場無料)

 若き日の国吉も学んだニューヨークのアート・ステューデンツ・リーグ。そこで国吉の指導を

 受けたブルース・ドーフマン氏、そして国吉研究の第一人者トム・ウルフ氏に行った貴重な

   インタビュー映像を上映いたします。上映後、本展を企画された才士真司氏に講演いただきます。

 講師:才士真司氏(岡山大学准教授、インタビュー取材&監督、本展共同企画者)

 日時:平成31年2月24日(日)13:00~13:50(上映会)、13:50~14:30(講演会)

 会場:文化交流室

 

鼎談「文化芸術資源による地域交流の可能性」(入場無料)

 熊本の近代美術と国吉作品のコラボ企画成立の経緯、地域の文化芸術資源活用のこれからに

 ついて議論いたします。

 講師:林田龍太(熊本県立美術館参事)、浦田恭代(宇城市不知火美術館学芸員)、

    才士真司(岡山大学准教授、本展共同企画者)

 日時:平成31年2月24日(日)14:40~15:30

 会場:文化交流室

鼎談「藤田と国吉 その絵画技法からみるふたりの生きた時代」(入場無料)

 藤田と国吉、両名の制作技法にはある共通点が見られます。直島・地中美術館のモネ作品

 の修復も手掛けられた、絵画保存修復家の岩井希久子氏をお招きし、技法の秘密に迫ります。

 講師:岩井希久子(絵画保存修復家)、岡田真梨子(熊本県立美術館学芸員)、才士真司

    (岡山大学准教授、本展共同企画者)

 日時:平成31年3月10日(日)13:00~14:30

 会場:文化交流室

 

ギャラリーツアー

 才士氏と担当学芸員が会場内で作品解説をいたします。通常当館で実施のギャラリートーク

 とは別のイベントです。

 日時:平成31年1月8日(火)、平成31年2月23日(土) 各回13:00~

 会場:本館2階第3室

 

 ※各イベントとも予約不要です。参加ご希望の方は当日定刻までに会場にお越しください。

 

 ※2月17日(日)12:00からの「おしゃべり鑑賞タイム」は本展も対象です。どうぞご家族や

  ご友人とお話しながらご自由にご鑑賞ください。

 
添付資料 チラシ 新しいウィンドウで(PDF:3.53メガバイト)

詳しくはこちら→熊本県立美術館HP

      •  
    お問い合わせ先
    熊本県立美術館
    電話:096-352-2111
    http://www.museum.pref.kumamoto.jp/ 新しいウィンドウで
    新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
    アドビリーダーダウンロードボタン
    新しいウィンドウで表示
    ※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
    PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。