総合トップへ
ホーム  >  熊本の郷土料理
からし蓮根
からし蓮根

熊本の郷土料理の中でも、圧倒的なインパクトのある「からし蓮根」は、蓮根にからし味噌を詰め、衣をつけて揚げた食べものです。その歴史は古く、体が弱かった細川家の初代肥後藩主、細川忠利公に滋養をつけるために考案されたと伝えられ、蓮根の切り口が細川家の家紋「九曜の紋」に似ていることから作り方は門外不出とされ、明治維新までは庶民の口には入ることがなかった食べ物です。 

熊本ラーメン
熊本ラーメン

濃厚な豚骨スープに太めのストレート麺の「熊本ラーメン」は、県民のソウルフードとして親しまれ、今では全国的にも知られる熊本名物のひとつです。 そのルーツは、福岡県の久留米ラーメンにあると言われています。にんにくチップやマー油をトッピングしたりと独自の進化を遂げたのが「熊本ラーメン」です。

馬刺し(安坐)
馬肉料理

熊本の郷土料理の中でも「馬刺し」は全国的にも有名で、熊本では御祝いの席などには欠かせない食べ物です。馬肉生産量が全国第1位の熊本県では、「馬刺し」以外にも馬肉を使った料理が数多くあり、馬肉を食べる習慣があります。 馬肉が食されていた歴史は古く、400年程前加藤清正が食していたといわれ、古くは滋養強壮の食品としても広く食べられていました。近年では、低カロリー高タンパク食品として注目されています。

太平燕(紅蘭亭)
太平燕(タイピーエン)

鶏がらスープに白菜や人参、豚肉、イカ、エビ、かまぼこなどを入れて作る具だくさんの春雨スープです。 一説には、福建省のお祝い料理が華僑によって熊本に伝えられ、現在の形になったと言われています。熊本の中華料理店では定番のメニューで、学校給食にも登場します。

一文字ぐるぐる
一文字(ひともじ)ぐるぐる

「ひともじ」とは小ねぎの一種で、熊本では古くから「ひともじ」と呼ばれています。 ひともじをさっと湯で、白根部分を芯として緑の部分をぐるぐると巻きつけたものにからし味噌をつけて食べる家庭料理です。

いきなり団子
いきなり団子

輪切りにした生のさつま芋とあんこを、小麦粉で作った少し塩味の効いた生地に包んで蒸し上げた食べ物です。急な客人が来てもすぐに作って出すことができる事からこの名前がつけたれたと言われています。

アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。